設備リニューアル工事

確かな技術と信頼関係は、
工事の安心・安全のため。

水のプロフェッショナルとして培ってきた技術やノウハウを活かし、リニューアル工事を実施します。スムーズに工事を進めるために、モデル施工による安心感の醸成、日々のご挨拶や作業員のマナーなどにも細心の配慮をしております。単に元通りに直すというだけでなくそこに新しい価値を加えるものあるべきと考える日本水理は、例えば配管工事が終わった壁を単に元通りに修復するのではなく、そこに棚のついた建材をつけることで新たな機能をプラスしつつ工期を短縮するリ・パイピング工法など、生活の価値、資産の価値を高めるための工事にこだわります。

安全・快適と効率化を実現する、SUIRIの新技術、新工法。

生活への影響を抑え、効率の良い工事によって高い効果が得られることは、皆さまにとって大きなメリットです。そのメリットを追求し続ける日本水理は、これまでにも多くの新技術や新工法を開発・確立してまいりました。しかし、さらなる安全や快適を実現するために、技術や工法の進化に終わりはありません。これからも、水のプロフェッショナル「SUIRI」にだからこそできる仕事を追求し続けます。

  • リ・パイピング工法 リ・パイピング工法イメージ
    配管の交換にあたり、壁表面を通す工法。そのまま壁表面に配管があると美観を損ねてしまいますが、表面を成形品で覆うことで美観を保持します。
  • モール工法 モール工法イメージ
    集合住宅の1階床下を通る配管の工事にあたって地下にトンネルを掘り、特に1階部分で生活されている方の生活への影響を抑える新工法です。
  • 旋回ノズル 旋回ノズルイメージ
    超強力旋回ノズルの開発により、洗浄能力アップと省力化、コストダウン、地球関係への負担軽減をするために独自開発した配管洗浄の新兵器です。
  • 配管引抜工法 配管引抜工法イメージ
    各階の床部を貫通している給排水管工事での工期やコスト、騒音や振動などの問題を、配管を引き抜くという画期的な工法で解決しました。

どんな工事になるのかピンと来ないという 声にお応えした「モデル施工」

ご提案や説明会などを通じて工事内容をお伝えしても、なかなかピンと来ない方が多いのも事実です。そこで日本水理は対象となる集合住宅の一室で実際に工事を行い、それをご覧いただくというモデル施工を行っております。実物、本物を見ることで工事に対する理解を深め、水を守る意識を共有いていただいています。

日本水理のコンセプト

採用情報