設備老朽化診断

正しい治療は、正しい診察から。
科学の目とプロの目で正確に診断。

プロの目と専門の検査機器を活用し、建物の設備劣化診断を行います。目には見えない劣化であっても見逃さず正確な情報収集を行い、結果をご報告。状態を知っていただくことはリニューアル工事の合意形成に大きな意味を持つため、日本水理はご報告内容の分かりやすさと、現状に対する理解を深めていただくためにさまざまな工夫を致しております。診断現場で採取した本物を手にとってご覧いただく取り組みも、そのひとつです。

正確な診断を支える科学の目

建物の劣化診断は長年にわたって培ってきた経験や技術がものを言う世界ですが、それだけでは万全とは言えません。そこで日本水理は最新の検査機器や独自に開発した機器類を導入し、診断技術を磨いてまいりました。こうした科学の目による正確な現状把握を実施しなければ、最適で費用対効果の最も高い改善提案は生まれません。

正確な診断を支える科学の目

見えない部分の実物サンプル

百聞は一見にしかず。
まずは実物をご覧ください。

皆さまに建物の見えない部分がどうなっているのか、その現状を正確に知っていただくためには、実物を見ていただくのが一番です。診断時に現場で採取した実物の劣化状態を手にとってご覧いただいおります。

日本水理のコンセプト

採用情報